アワウダさんの歌ピアノなんでも相談はこちら

はじめてピアノをさわる5日間【②日目】

ピアノ

 

2日目:ピアノにドレミをかく

 

「ドレミファソラシド」分かっていても、鍵盤上でどこに位置するのか分からない…そんな時は!

視覚的にぱっと見て分かるように

鍵盤に「ドレミ」を書きましょう!

 

「ドレミ…」と数えていると、一番やりたい「弾くこと」がなかなか進みません。

 

「ドレミ」かくなんてカッコ悪い…なんてことありません!弾けないで楽しくなくて辞めちゃうほうがもったいない〜!

 

弾きながら「ドレミ」の位置を覚えていくステップを紹介します。

 

用意するもの:マスキングテープ

 

用意するものは「マスキングテープ」

マスキングテープとは貼ったり剥がしたり出来るテープ。大体100〜300円くらいで文房具として売っています。

 

1.マスキングテープに「ドレミ」をかく

マスキングテープを30cm程度、びーっとのばして机に貼ります。

順番は左から(:白鍵、:黒鍵)

ド♯・レ♭

レ♯・ミ ♭

ミ 

ファ

ファ#・ソ♭

ソ#・ラ♭

ラ♯・シ♭

…シャープ♯とフラット♭ とは?

シャープ♯:半音上がる=右隣の鍵盤

フラット♭:半音下がる=左隣の鍵盤

例えば…レの右隣(レ♯)=ミの左隣(ミ♭)

「レ♯とミ♭は同じ音」ということ!

 

2.「ドレミ」を鍵盤上部に貼っていく

↑こんなかんじで貼っていきま〜す

鍵盤の下の方を弾くので上部に貼ると見易いです。

ちなみに、弾く曲によって↑この上や下にも「ドレミ」が必要になるので

こんな感じにするとより弾きやすいです。(4オクターブ)

※1オクターブ=ド〜ドの間を1単位とする呼び方

 

3.覚えてきた音階は剥がす

練習を続けていって

覚えてしまった音階はテープを剥がします。

 

例えば「ド」「ファ」は覚えてきた!場合…

マスキングテープなのでキレイに剥がせます。

最終的にテープがない状態で弾けるようになったらクリアです!

 

マスキングテープが手元にない場合

マスキングテープが手元にない場合も、

鍵盤の絵をかいて視覚的に「ドレミ」の位置を覚えます。

ドとレの間に黒鍵(黒い鍵盤)があって…と、絵にかいてみるとより記憶に残ります!

(絵は下手でもいいです!アワウダのようにw)

 

譜面立てに置いて見ながら弾いていきましょう。

 

弾き語り、コードで弾いてみたい場合

弾き語りやコードで弾くことをやりたいと思っている方におすすめ!

 

コードを覚えるとき一番最初にぶち当たる壁「ドレミをアルファベットに置き換える」という点です。

ドレミのアルファベット表記

ド=C

レ=D

ミ=E

ファ=F

ソ=G

ラ=A

シ=B

「ABC…」と数えているとなかなか弾くことが進まないので

鍵盤の絵をかいたものにアルファベットを書き入れて

視覚的に見て覚えていきます!

 

この続きは「弾き語りを始める5日間」(近日公開)で詳しくをシェアしていきます。

 

 

まとめ

ピアノを弾く上で「ドレミ」が鍵盤上でどこに位置するのか

まずは書いて、見て、覚える!

 

「ドレミかくなんてカッコ悪い…」と思うかもしれませんが

弾けるようになったらそんなのもいい思い出になります。

 

次回はピアノの先生に言われた「ドレミは書いちゃだめ」に、勇気をもって反抗します!笑

 

▷▷▷3日目は「楽譜にドレミをかく」

 

記事の内容などで質問などあればLINE@からどうぞ~!(無料)

公式LINE@

アワウダさんの歌ピアノ
なんでも相談

友だち追加・相談
もちろん無料です!

コメント

  1. […] はじめてピアノをさわる5日間【②日目】 2日目:ピアノにドレミをかく 「ドレミファソラシド」分かっていても、鍵盤上でどこに位置するのか分からない…そんな時は!視覚的にぱ […]

  2. […] 復習▷▷▷2日目「弾き語り、コードで弾いてみたい場合」 […]

タイトルとURLをコピーしました