アワウダさんの歌ピアノなんでも相談はこちら

はじめてピアノをさわる5日間【④日目】

ピアノ

4日目:ピアノを弾く

 

いよいよピアノを弾きます!

準備はばっちりです。

 

かいたドレミだけを見て弾いてみる

はい、どうぞ。弾いてみてください。

正直これ以上の説明はないというか…笑

 

かいたドレミだけを見て弾きます!

 

「楽譜通り弾けているのか?」という疑問は、一先ず取っ払ってください!

理由は多くの人が「楽譜を読む」で挫折してしまうからです。

 

理由を紹介していきますが、練習曲へ先に飛びたいかたは下記からどうぞ。

 

▷▷▷練習曲へ飛ぶ!はこちら

 

「楽譜を読む」で挫折しちゃう理由

「楽譜を読む」で挫折してしまう人は、とーーーっても多いです。

高くて邪魔なハードル…読めないんじゃなくて「読みたくない」ですよね。

 

しかーし、避けて通れない…だから!

逃げ道をご紹介します!

 

【理由】「音階」と「音の長さ」を同時に理解しなければならない

「楽譜を読む」で挫折しちゃう理由

「音階(ドレミ)」

「音の長さ(リズム)」

同時に理解しなければならないから

音符には「音階(ドレミ)」

「音の長さ(リズム)」があります。

 

例えば

これ↑は「 」を「2こ」のばす、という意味。

 

一個一個の意味は理解出来ても…次から次へと音符を追いかけていくと混乱!

 

「音階(ドレミ)」と「音の長さ(リズム)」を同時に理解するのが最初はとっても難しいです。

 

【解決法】「音の長さ(リズム)」は無視!

「楽譜を読むで挫折しない」解決法

音の長さ(リズム)は無視!

  ↓

自分の知っているイメージに合わせてドレミを弾いてみる

  ↓

慣れたら楽譜通りのリズムで弾く

知っている曲であればリズムはイメージで十分◎

音階を見て弾く練習に軸を置きます。

 

鼻歌で歌いながら弾いてみるのもオススメです。ドレミを見て弾くことに慣れるまで、いろいろな曲をちょっとずつ弾くと楽しいですよ♪

 

もちろん「ピアノを弾く上で楽譜を読むことは避けられない」という事実は変わりません。

・両手で弾く

・知らない曲を弾く

上記の場合、楽譜を読む必要が出てきます。

 

 

練習曲「ハッピーバースデー」

不朽の名曲「ハッピーバースデー」を一緒に弾いてみましょう。

「ハッピーバースデー」

注意!ト音記号の横に♭がある→全ての「シ」に♭がつきます

 

①ドレミをかく

「3日目」の復習です。(答えは②にあります)

▷▷▷3日目:ドレミをかく

 

②ドレミだけ見て弾いてみる

楽譜における「音の長さ」は無視します。

「ハッピーバースデー」(ドレミ入り)

スマホを横にして表示すると見やすいです!

 

③歌いながら弾いてみる

鼻歌ぐらいでいいので歌いながら〜♪ 

 

弾けましたか??

難しい曲も同じステップで必ず弾けます!

 

ご自身の好きな曲の楽譜を探して、弾いてみましょう〜!

▷▷▷「演奏曲選びのポイント」はこちら

 

まとめ

どんなに難しいと思う曲も

同じステップを踏んで必ず弾けます!

 

①ドレミをかく「3日目」復習

②リズムはイメージで弾いてみる

③歌いながら弾いてみる

 

ドレミやピアノを弾くことに慣れるまでは、さまざまな曲をちょっとずつ練習するのがおすすめ!飽きないように!

 

次はいよいよ最終日!

 

▷▷▷5日目は「伴奏をつけてみる」

 

記事の内容などで質問などあればLINE@からどうぞ~!(無料)

公式LINE@

アワウダさんの歌ピアノ
なんでも相談

友だち追加・相談
もちろん無料です!

コメント

  1. […] ▷▷▷4日目は「ピアノを弾く」 […]

タイトルとURLをコピーしました