アワウダさんの歌ピアノなんでも相談はこちら

今すぐ出来る!ドレミを読まずにピアノを弾く方法

ピアノ

こんにちは、歌ピアノ講師のアワウダです

 

「楽譜を読むのが苦手。読まないで弾けるようになる方法ないかなぁ…」

 

そんな事を思ったアナタさまへ。ありますよー!!

 

何を隠そう私も「楽譜なんて読みたくない族」の一員。そんなアワウダが実際に行ったドレミを読まないでピアノを弾く方法を記事にしました。

 

サンプル曲があるので、記事を読みながら一緒に弾いてみてください!

 

このブログは、素人のアワウダがSSWとして曲を作り、音楽講師として歌やピアノを教えるようになった経験をシェアしています。より気軽に音楽を始められるお役に立てればと思います!

 

ドレミを読まずにピアノを弾く方法

 

その方法は 楽譜を絵のように見る です。

 

楽譜を読む→頭の中でドレミに変換→鍵盤で弾く という工程の中の「頭の中でドレミに変換」をなくす事で、より素早くより簡単にピアノを弾くことが出来ます。

 

実際にサンプル曲を用いて解説していきます。

 

楽譜を絵のように見る

 

まず楽譜を絵のよう見るとはどういうことか

 

それは、基準となる音(一つ覚える)からどれだけ離れているかを視覚的に判断し、それらを鍵盤と照らし合わせて弾くということです。

 

言葉にするとややこしい!!

 

!ここから鍵盤と照らし合わせて一緒に弾いてみましょう!

 

基準となる音を 最初のド とします。

また原則として頭に入れて欲しいのが、ドレミファソラシ…の並びで見ると音符は線の上・線の間・線の上・線の間…と交互になっている点です。

 

一緒に弾いてみよう!

ど真ん中のド右手の親指を置いて準備

 

以上を踏まえて、次の音を追っていくと 最初のド から隣の鍵盤(レ)・隣の鍵盤(ミ)・隣の鍵盤(ファ)…と弾いていくことができます。この時カッコで書いた音階は頭に浮かぶ必要はありません!

 

一緒に弾いてみよう!

楽譜を見ながら実践してみよう!
指遣い:親指→人差し指→中指→親指→人差し指→中指→薬指→小指

注意:この項で指す鍵盤は白鍵のみです!(理由は下記「楽譜を読む時に必要な最低限の知識」にて)

 

 

実際に、サンプル曲で見てみましょう。

基準となる音は 最初のド とします。

 

すると次の音は線の上なので、鍵盤上では一つ飛び(隣の隣=ミ)になります。

 

ここでも音階名ではなく「隣の隣の鍵盤」という認識で弾くことが重要です!

 

さらに次の音も線の上なので、鍵盤上では一つ飛び(隣の隣=ソ)。そして次の音は下の線の上なので、一つ前の音(ミ)に戻る、というワケです。

 

一緒に弾いてみよう!

 

楽譜を見ながら実践してみよう!

 

このように基準となる音から次の音との距離を見て弾くということを繰り返すことにより楽譜を読み進めていくのです。

 

 

 

ここまでを頭に入れた上で、皆さんもご存知のサンプル曲2・3を弾いてみましょう。

 

一緒に弾いてみよう!

 

サンプル曲②

 

サンプル曲③

スマホ横にして拡大するとちょっと見やすいです。ちょっとだけ。

 

いかがでしょうか??ドレミを読まずに弾いていけます。ね!

 

 

補足:和音でも同様に適応できます!(難しければ飛ばしてOK!)

和音サンプル

和音はある程度パターンが同じなので絵のように見て弾くのが最適

 

パターンが同じ=距離間隔が同じ なので、同じ形の団子が並行移動していくだけに見えます◎

(ちなみに和音サンプルをサンプル曲③と合わせて弾くと曲が完成します)

 

 

ドレミに頭で変換するのがムダ!

 

楽譜を読んで弾くという行為の工程を分解してみます。

 

楽譜を読む→頭の中でドレミに変換→鍵盤で弾く

 

前項の弾き方は「頭の中でドレミに変換」という工程をなくして、楽譜を読むこととピアノを弾くことを直結させているのです。

 

楽譜なんて読みたくない族 としては、音符をドレミに変換するのが難しいし面倒なのでカットしちゃえ!というシンプルな考え方。

 

とはいえ、最初の音がドでなかったり次の音が離れている位置にあるというパターンも勿論考えられます。

 

基準となる音、すなわちパッと見て判断出来る音を少しずつ増やしていくと、より様々なパターンでもこの手法が使えるようになります!

例えば…一番下の線上のミ、ど真ん中のシ、その下のラ など。ご自身が直感的に見やすい音を何個か覚えてみると便利です。

 

また楽譜読むのが苦手な人で多いのは、弾く音しか見ていない場合です。

楽譜は読み進めていかないと曲が進みません。次の音、次の音と読み進める訓練としてもこの手法はとても役に立ちます

 

 

初心者オススメ練習教材

  

練習教材は、超短くて超簡単であるのがベストです。

 

私が実際に選ぶものは8〜16小節程度、パッと見て弾けそうな(音符の数が数えられるくらい少ない)ものにしています。

 

そんな条件を丁度よく満たしてくれているオススメの教材が「バーナム・ピアノテクニック」という教本です。

バーナム シリーズ一覧
シリーズ一覧 テクニック “音楽性を豊かにするテクニックの本” 柔軟性のある指を育て、表現力を身につける!子ど

 

どこかで見たことがあるような懐かしさと、このシュールな絵が何ともいい味出していて個人的に大好き!1950年に出版され、ピアノを始めた日から使うことの出来る教材として子供から大人まで約1000万人に使われてきたという歴史ある教本です。

 

シリーズで色んなバリエーションがありますが、私は「全調の練習【改訂版】」というのを使っています。

 

簡単にいうとページ順にやっていくと、シャープやフラットの数が徐々に増えていくように出来ています。シャープやフラット=黒鍵を使う、なので最初は難しいと感じると思うので、ぜひ少ないものからチャレンジしてみましょう!

 

「シャープ?フラット?」と疑問符が立った皆さん、次項にて楽譜を読む上で必要な最低限の知識をざっくりと説明していますので参考にしてください。

 

 

楽譜を読む時に必要な最低限の知識をざっくりと

 

楽譜の読み方なんてググれば鬼のように出てくると思いますが(丸投げ)

ここでは最低限これだけ知っておけば大丈夫というラインまでざっくりと解説しておきます。

 

本当にざっくりなので「どういうこと?」て思うことあれば質問してください~

 

ト音記号とヘ音記号の違い

 

ト音記号とヘ音記号の違いは、楽譜は上段か下段鍵盤は真ん中のドから右側か左側 です。

 

 

ト音記号とヘ音記号、音符の読み方は同じです!

ト音記号とヘ音記号は読み方が違うとイメージしている方が多いというか、アワウダ自身過去にそう思っていた気がします。

 

前項の 楽譜を絵のように見て弾く を実践すれば同じように読むことができます。ね!

 

 

これだけは見落としちゃダメ!な記号

 

ト音記号やヘ音記号の右隣にあるシャープやフラット絶対見落としちゃダメです!

(調号といいます)

 

何故なら、これを無視すると曲がめちゃくちゃになるから…

 

シャープ ♯:半音上がる
フラット ♭ :半音下がる
※半音は白黒含めた隣の鍵盤との音の距離

ト音記号やヘ音記号の右横に書いてあるこのシャープ/フラットは、その行ではずっと有効なものです。

 

読み方は、五線譜の読み方と同じです。

例)

ト音記号・ヘ音記号、必ず同じ音に同じマークがついています。(だって読み方一緒だから!)

 

ちなみに、曲によっては途中でこの記号が変わるものもあります。(転調といいます)

 

とにかく無視すると曲がめちゃくちゃになってしまうので、弾く前に確認しておきましょう!

 

拍子はとりあえず無視していい

 

曲の頭にあるト音記号やヘ音記号に並んでいる「4/4」とか「C」のマークは拍子を表しているマークです。

 

が、とりあえず無視していいです!

 

特に知っている曲であれば無視しても弾けるので、一先ず無視してしまいましょう。

 

と言いながら簡単にざっくり説明します。(するんかーい)

 

原則、分数で表現されていると思います。意味は 1小節に (分母/下)分音符(分子/上)個入る です。

 

 

ここで「なんのこっちゃ」と思った方は、とりあえず無視していいです!

 

音符の長さはとりあえず無視していい

 

音符の種類がいくつかあって多分長さを表してて…くらいの知識の方。

 

これも、とりあえず無視していいです!!

 

特に知っている曲であれば、知っているイメージで一先ず弾いてみましょう

 

とはいえ、割とすぐに必要になる知識かと思うのでざっくりと説明します。(だよねー)

 

一番左の数字は4分音符を1とした時の音符の長さを表しています。

 

(不足が多い説明だしここはつまづく人がとっても多いので、音符の長さはまた別記事で書きたいと思っています!)

答え合わせしたい場合は、LINEで気軽に相談してください~

公式LINE@

アワウダさん歌ピアノなんでも相談

登録・相談、もちろん無料
( 24時間以内にお返事いたします! )

 

 

まとめ

 

一番重要なのは何よりピアノを弾くことなので、まずは 楽譜を絵のように見て弾く を実際にピアノでやってみましょう

 

後に知識が必要になればそれを学ぶ、という流れが最適です。

 

私も実際にこのやり方を実践して楽譜に慣れていきました!「知識を入れてからじゃないと弾けない」は完全なる思い込みです。

 

まずはサンプル曲を見ながら 楽譜を絵のように見て弾く 実践してみてください!

  

弾いてみて難しいことや迷うこと、ぜひお気軽にご相談ください~!

公式LINE@

アワウダさん歌ピアノなんでも相談

登録・相談、もちろん無料
( 24時間以内にお返事いたします! )

 

 

コメント

  1. […] 今すぐ出来る!ドレミを読まずにピアノを弾く方法こんにちは、歌ピアノ講師のアワウダです 「楽譜を読むのが苦手。読まないで弾けるようになる方法ないかなぁ…」 そんな事を思 […]

タイトルとURLをコピーしました