アワウダさんの歌ピアノなんでも相談はこちら

アップテンポの曲が歌えないのは〇〇していないから

ボーカル

アップテンポの曲が歌えない理由

アップテンポの曲が歌えないのは

息継ぎ(ブレス)をしていないからです!

 

歌うことはシンプルに言えば「息を吸って吐く」こと。

息が上手く吸えていなければ、歌えないのは当然です。

 

もちろん全然吸えていないわけではありません。

歌う上で十分な量吸えていないんです。

 

その理由と、解決策を解説していきます。

 

アップテンポの曲が苦手な方、ぜひ最後までご覧ください!

 

息継ぎ(ブレス)をしていないから

「アップテンポの曲が苦手」という方はとても多いです。

アップテンポな曲を歌って、苦しくなることはありませんか?

 

理由は「息継ぎ(ブレス)をしていないから」

息を吸えていると思ってもキャパの50%程度であることが多く、歌う上で十分とは言えません。

 

要因の一つは呼吸法、そしてもう一つ。

最大の理由は、

歌う時、人は想像以上に冷静ではないから。

 

例えば歌った後に「歌っている途中、どこでブレスしましたか?」と聞かれたとしても、明確に覚えている人はいません。それくらい、無意識に息継ぎをしているのです。

無意識な息継ぎはキャパに対し50%程度。

 

これを意識的な息継ぎに変えることで、70〜80%程度まで増やすことができます。

 

息が整うと自然と冷静に、そして楽に歌うことが出来ます。

 

息継ぎ(ブレス)の重要性

歌うことはシンプルに言えば「息を吸って吐く」こと。そもそも息が吸えなければ歌えない、は当然ですが

息が吸えないとより冷静さを失ってしまいます。これがとっても致命的!

 

冷静さを失う→ブレスが上手くできない→苦しい→焦る→冷静さを失う…

この負のスパイラルに陥るのは目に見えます。更にアップテンポな曲はテンポが速くて「ついていけない→焦る→…」と、負の速度をより加速させます。こわいこわい…

 

つまり、歌う上で息を吸うこと=ブレスは基本であり最重要なんです!

 

その割に無意識に任せてしまうことが多いとは…もったいない!

じゃあどうしたらいいか?次項から解説していきます。

 

 

アップテンポの曲を楽に歌う方法

アップテンポの曲を楽に歌う方法は

「ブレスポイントをかいた歌詞カードで歌う」

 

具体的な方法は以下です。

 

準備するもの:歌詞カード

準備するものは「歌詞カード」

 

STEP1.「歌詞カード」を準備する

紙に印刷するのがオススメ(スマホやタブレットでスクショも可)

 

1枚で全体が見れるということがポイント!

STEP2.本家を聞いて息継ぎしているところに「V」マークを書き入れる

V =ブレスポイントを書き入れます。

スマホやタブレットの場合は、ペイントアプリを使うと便利◎

 

例)『5歳のあたし』粟生田水葉

 

STEP3.書いた「V」を頼りに歌ってみる

もし本家と同じように歌えない場合…

自分なりの「V」マークをつけてブレスする位置を決めましょう!

 

「V」と「V」の間がどれくらいの長さかを見て、息を使う分量を考えて歌います。

例えば「V」と「V」の間が長ければ、少しずつ息を使うなど

 

 

ブレスする位置を決めても、その通り歌うのは難しいですよね。それを無意識のままで挑むなんて…いかに無謀なことか。苦笑

 

「どこでブレスするか」を整理して見える化することで、全体が見えてきてスッキリ!

歌う道筋が見えるだけで楽に歌えます。

 

カラオケの画面は見ちゃだめ

歌練習の上で、カラオケの画面は見ちゃだめ!

歌詞がどんどん出てくるだけで、全体像が見えないから。

 

文字が曲に流れて赤くなっていく感じも、なんか焦らせる感じがあって個人的に好きじゃない。笑

 

アップテンポな曲は特に、ブレスする時間が短いので全体像が見えることは必須です!

 

全体像が見える歌詞カードを前に、歌っている少し先を見ながら歌います。

テンポにおいてかれないように!

 

 

まとめ

アップテンポの曲が歌えないのは

息継ぎ(ブレス)をしていないから

 

アップテンポの曲が苦手な方にレッスンでこの方法を試すと

「不安が解消されて、楽に歌えるようになった」という声を多くいただいています。

 

アップテンポの曲はもちろんのこと、どんな曲でも有効です!

焦ってしまう、難しくて上手く歌えない

そんな曲試してみてください。

 

試してみて困ったことや迷うことがあれば気軽にメッセージください〜↓

公式LINE@

アワウダさんの歌ピアノ
なんでも相談

友だち追加・相談
もちろん無料です!

タイトルとURLをコピーしました